FC2ブログ
日記です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
週末@名古屋
大学の友人4人で久々に集まりました。
ひとりは来年結婚だって。
ひゃーめでたいいいい。
ほんとにほんとにおめでとう。

4年間一番わたしがひっついてた恵理子はやっぱり恵理子で、シュールな笑いのツボはあいかわらずでした。
ポケモン・・・(笑)説明の難しい笑いのネタです(笑)

みんなきれいになってて、それぞれ頑張ってるもようでした。
たまーに会って、こうしておいしいご飯を食べて、お洒落や恋や仕事や笑いの話ができる仲間がいて嬉しいです。
わたしはそういう友達に恵まれてるなあ。

名古屋はど祭りでした。

24時間テレビの会場に行ったら、鉄平がMCしてました。

小学生や中学生のころ、よくMTVを観てて、そんときからちゃらいなあ、って思ってた鉄平。
胸に癌ができて、治療に専念するってニュースでやってて、そいでも明るく喋ってた鉄平。
本名小池鉄平・・・(今調べたら出てきた・・・)

なんていうか
泣きそうになった。

裏にまわると、待ち時間に鉄平と写真撮って握手してもらえるらしく、列ができてました。
女の子が泣いてた。みんながんばってとか言ってた。
「いけばいいじゃん」って言われたけど、なんかちがかったので横から見るだけにしました。

がんばって、とか言えないし。
がんばってないから病気になったんじゃないし。

治ってほしい。病気の人全部。これまじで。


100828_183945.jpg
ハワイアン料理を食べました。

そういえばお酒を久々に飲みました。

ハイネケンはすいすい飲めておいしいし(泡が)
一回飲んでみたかった久保田は甘くってこれまたすいすい。
ゴディバのホワイトチョコリキュールはミルクで割ったら、良いデザート。

にぎやかでいい夜でした。


日曜彼氏んちの近くのツタヤでTポイントカード作って(家の近所にツタヤがない)ラーメンウォーカーを見て、その足で本にのってたはなびっていう高畑にある結構有名らしい塩ラーメンを食べました。

外食ばっかではありません。

最近ちょくちょく料理もします。

たきこみご飯(そんな、素をつかってなんか・・・)と、名古屋で配ってた赤だしの試供品でじゃがいものおみそしる。あとタマゴ焼きを作ろうと思ったけど、彼氏は少食なのでやめにしました。
わたしは一食につきおかず3品は欲しいけど、楽だし。

以前、餃子と中華タマゴスープとたこときゅうりのお刺身を作ったら結構残りました。
原因はスープがタマゴ攻めみたいになってたからでもあります。

キッチンが狭いのでちょっと不便だけど、2人分作るのは楽しいです。
ちなみに彼がつくったしょうが焼き、タマゴ焼き、麻婆豆腐は絶品でした・・・

たのしい週末でした。


なんか、色々考えちゃうけどとりあえず目先のこと頑張ります。
あさっては展示絵たちの搬入!
さあまたがんばらなくっちゃあ~!

100829_180843.jpg
スポンサーサイト
page top
南Q太とか、女の人生とか
がらにも無くサーフィンという超アクティブなスポーツをしましたら、一週間体調をズルズルと崩して月イチのガールズブルーウィーク(察してください)も一週間遅れました。

わたしは大体ピッタリいつもくるので、かなり体が疲れてるらしい。しかしサーフィンは超楽しかった。

生理の(あっ言っちゃった)一週間だけがしんどい訳じゃなくて卵が出るあたりも、生理前一週間も体と心がぐらぐら…

となると、一ヶ月のうちまともなのは、生理の終わった1~2週間のみ??

うーん。
世の中のバリバリ働いている女子はすごいのう…。

てな訳でブルーデイな今日は、レジしてても頭の奥がひや~っとして倒れそうだったので、仕事を先回りしてできることやって、少し早めにあがらせてもらいました。
ああ、悔しい~

吐き気と頭痛∞∞∞…

お風呂から出て暖かいお茶をゆっくり飲んだら、薬でもきかなかった頭痛が和らぎました。

9月から絵を展示してもらうので、最近の一日の過ごし方は、昼間①画材、展示材料の買い出し②絵の制作で、夕方からバイトという繰り返し。
楽しいけど漫画が進まなくてイライラする。もっとやる気だせわたし。
この間はバイト終わって深夜寝て、次の日起きたものの猛烈な眠気がずっと離れなくてバイトまでまたずっと眠ってしまった。

いつかは、もっとまともな生活にしたいとは思ってる。


最近南Q太にはまってます。ピンクペッパー大好き。キキさんちも買っちゃった
南Q太は、いまのわたしくらいの時不倫してたらしい。今は3回目の結婚をして5人の子持ち…

人生わからない。

わたしは、どんな家族を作るのかなぁ。
page top
模様替え
机を買いました。
昇降式の白くてカワユイ奴です。
漫画を描く時、作業内容によって高さを変えたかったからです。

なかなか良い働きをしてくれ・・・るはずです(笑)
まだ買ってから漫画描いてませんーー

というのも、今違う作業をしている為。

2.jpg

今までパソコン机だった勉強机を、絵の具作業用の机へ変更~
9月から、銀行さんのロビーにて、絵を結構な数、展示させてもらうことになりました。

今それの作業中です~
新作もあるよ。

また詳細のせます。
多気だから遠いんだけど、松阪方面に用事があればのぞきに来てくれると嬉しいです~

しかし部屋に机が三台になって、全くの仕事場になってしまった・・・
くつろげねー
ばりばり描くぜー



お盆休みは普通に働いていましたが、お休みの日はここぞとばかり遊びました。

長島のプール~
4時間くらいがっつり遊びました。
なぜかフライドポテトが妙においしかった。
1日間違えて、花火を観られなかったのはまあよくあること(笑)

GetAttachment.jpg

遊びまくったので今日からまたがんばります~

そろそろ漫画も完成目標たてないと~

page top
無期限な修学旅行
授業の後に急にクラスメイト全員がバスに乗っていた。
あわててわたしも乗る。
唐突に学外研修に行くのだ、という旨を聞き、奈良あたりではないかと友人と話をする。

ところがついた先は空港。
しおりが全員に配られ、中を見るとグループ分けがされている。一グループ大体7~8人。
小学校からの友人Aが一緒の組だったので、彼女のところへ行くと、
「なぜいきなり空港なのかわからないが、とにかく今日中には帰れないらしい。持ち合わせがないのでそこでお金をおろした」
と言う。

疑問だらけであるが、お財布を見ると3~4千円しか入ってなかったのでとりあえずわたしもおろさねば、とATMへ行くが、口座のある銀行名が見当たらない。
するとグループを呼ぶ声がして、慌てて戻る。

家に電話を入れていないから、目的地についたら連絡をしよう、と思いつつ飛行機に乗り込む。

順調にフライトを続ける。
行き先は、どうやら外国らしい。
機内がざわつき始める。どうして、なぜ突然、それもいつ帰れるのか…
家に連絡を―――


突如ありえない旋回の仕方をはじめた。
地上が頭の方に見える。
飛行機ってこんなだった!?
Gがかかる。気分が悪くなる。



目的地に到着。
空港にいる、先についたグループ達の様子がおかしい。
みな荒れた格好をしていて、表情も張り詰めている。
お互いに話をしてはいけないような空気。
空港自体、物が散乱していて、荒れている。

そこからまたわたし達のグループが呼ばれて、今度は小型飛行機で移動。
乗り込みの際に何やら事務作業をしていた女性は、顔つきは白人。しかしどこの言語か分からない言葉を発していた。

比較的低い位置を飛ぶ飛行機の窓から見える景色は、緑の多い、ジャングルまではいかないがきれいに整備された森。時々小さい同じような建物がぽつぽつ見えるが、その周りは芝生になっていてきちんと手入れがされているようだ。

その小さい建物のひとつの前に降ろされる。
南国風コテージとでも言おうか。
建物の前には何人かほかのグループの生徒がいて、それぞれ飲み物を与えられ、一人一つリクライニングの椅子に座っている。
が、私達を見るときまずい顔を浮かべて何も話しかけてこなかった。
何人かそこのスタッフらしき人間もいて、にこにこしながら飲み物を運んでいる。
やはり言語は分からない。


これはまずい、と直感した。
完全に、隔離―――


とりあえず荷物を置き、電話を探した。携帯は持っていなかった。
こっそり客間のような広いスペースの裏へ行くと、南国風がいっきに日本の雰囲気に変わって、炊事場につながる通路に出た。
そこに一人の中年女性がいた。
着物を着て、見かけはどうみても日本人だった。

彼女はわたしを見ると、黒電話のダイヤルをまわすようなジェスチャーをした。
うん、うん!と頷くと、通路にある掃除具置き場を指差し、電話を手に取り、どこかへかけはじめた。

国際電話をつないでやるから、そこに隠れていなさいということだろう。
おとなしく隠れて、扉をしめる。

――と突然、扉の小窓から、さっきまで飲み物を運んでいたスタッフがこちらをのぞいた。
小窓は狭く、にこにこした目をまゆしか見えなかったが、笑顔ははりついていた。

掃除置き場から出ると、先ほどの着物女性はまだ電話口で話していた。
彼女はきっと、味方だ。
チャンスを狙っていつか電話をかけなければ・・・

みんなのいるところに行くと、そこにいる全員が困惑していた。
きれいなコテージに連れてこられ、おいしいドリンクを与えられ、言葉の通じない妙に笑顔なスタッフによって監視されている・・・
目的が分からないのである。

とりあえず様子をみよう、とリクライニングシートにもたれる。

すると小型飛行機が着陸して、別のグループが到着。
ぞろぞろと困惑した表情の学生達がコテージに入る。

イライラがつのる。
どうして、なぜわたしたちが隔離をされるのか―――?

この訳の分からない現状を理解したひとりの男子学生が、友人らしきもう一人の男子学生と、持っていた小型の砲弾を現地スタッフのひとりに向けてセットしはじめた。
空気が凍り、ざわざわしはじめる。
銃口を向けられた男性スタッフは、それでもにこにこしながら、彼らに向かって歩き始める。

すると、その2人を通り過ぎ、一人の別の男子学生の前でとまった。
え、なに、とおどおどする小柄な男子学生。
すると男は持っていたステッキのようなもので男子学生の顔面を強打・・・

すさまじい光景に、言葉を失うわたし達―――

すると、ひとりひとりにぶあつい封筒が配られた。
中をみると、アンケートのような紙が入っていた。

それが何百枚・・・。

わたしたちは、ここを出られない。
そう悟った。





















やーすごい夢をみたもんです。
ほいで結構今回の夢は結構つじつまが合ってるのよねえ。
つっこみどころとしては中身の少ない財布と、砲弾を持ってた生徒(笑)
つれていかれた先は、なんとなくフィンランドのような気がしていましたが、森は隔離されていて、ぜんぜんどこの国か分かりませんでした。
アンケートのようなもの、っていうのは、書かれている文字もぜんぜん読めなくてアンケートだか何だかも分からないということです。ふふふ。

われながら、つづきがどうなるか気になる。
© 創作日々3粒. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。